2016/12/27

本とか映画とか、もちろん内容もありますが、それを見たタイミングとか読んだ場所とか、誰かに紹介してもらったりとか、そういうのにすごく左右されます。最近家の近くに蔦屋書店ができまして、そこは沢山椅子があるので、そこで適当な本を読んだら妙に心に残ってしまい。場所も良さの起因になったりするんでしょうか。

大学の一人暮らしを始めて間もない時に、深夜の衛星チャンネルをつけたら死ぬほど面白い映画があって、でもタイトルが分からずインターネットを借りられる施設に行って「モノクロ おっさん 拳銃作る」と、必死に検索かけて、やっとそれが「バレットバレエ」という映画だと知りました。僕の邦画ベスト3は「バレットバレエ」「トニー滝谷」「殺し屋1」なんですが、すべてとても人に薦めにくいという共通点があります。(主人公はみんな絶望的に孤独というところも)

追記:「害虫」も入れてベスト4