2016/11/23

飲みに誘われて「これ(猫のポーズ)が待ってるんで!帰ります!」と言う自分に可愛さを見出している(末期)、どうも森です。

(この前カメントツさんと凸ノさんから「猫を使うのは最終手段ですよ!」と言われてドキッとしました。やばい!)

 

いま羽田なんですが、過去数回やってきた飛行機の便を逃す、というものをやってしまい、3時間待つことになったのでPC開いてます。

朝の7時。もうダメだ・・

 

生きてると漫画だな(©︎徳利からの手紙)ってことが多々ありますが、そんな出来事をいくつか。

 

夏、自宅で代引きを払う時、その時お金を持ち合わせがなくて、すると配送の人が鼻に人差し指を持ってきて

「立て替えますよ。かわりにコーヒーでもどうですか」

僕「あっ..じゃあ今度500円分コーヒーご馳走しますね」

ほっともっとなラリー。

(その後のことはいつか)

 

僕は大学のとき留年してしまって、単位が全然足りなくて、5年生の時に1年生の全学部共通授業に混じってたのがトラウマなんですが、来年から定期的に大学で教えることになりました。いいのかしら..

 

僕が学生の頃の浅野忠信は、それはそれは格好よくて、スイッチで、「自分は自然体を大事にしてて、舞台演技みたいな大げさなものが嫌いだ」って言ってたので、僕はもろに影響を受けて、演劇部でセリフを喋る時、全セリフをボソボソ話してたら、「なめてるのか」と言われました。でも数年後、彼は何かのインタビューで「日常でも大げさな人はいるから、大げさな演技もありになってきた」とか言い出したので、僕は「そりゃないぜ!」と叫んだのでした。

(最近浅野忠信のCMをみてふと思い出したので)

 

しかし羽田って、東京にいる感すごいですね。

せっかくなので、サイモンとガーファンクル「アメリカ」っていう最高な歌があるんですが、よし、アメリカを東京に置き換えてみよう。

 

 

 

“私たち、恋人になって結婚するの。二人の未来を一緒にしてね”

“僕のバッグの中には、ちょっとした不動産があるんだぜ”

 

そして僕たちは、タバコとうなぎパイを買いこんだ。

僕たちは歩き始めたんだ。

東京を探す旅。

 

浜松で深夜東名バスに乗り込む時、ぼくは言ったんだ。

“今じゃ、三ヶ日も夢のように思えるよ”

僕は東京を探しに旅だったんだ。

 

バスの中は大笑いさ。

乗客の顔を見て、いろいろゲームをして遊んだ。

彼女は青山スーツを着た男を、スパイだと言ったのさ。

 

“気を付けて!やつのネクタイは、本当はカメラだぞ”

 それから、ぼくは景色を見て、彼女は雑誌を読み出した。

 

“タバコを頂戴。レインコートに1つあったと思うの”

“最後の一本は1時間前に吸ってしまったよ”

 

太平洋に月が昇った。

彼女が眠ってるのがわかって、僕はつぶやいた。

“ねえ、分からないんだ。僕はどうしたらいい?虚しくて、心が空っぽなんだ”

海老名サービスエリアで車を数えていた。

 

みんな”東京”を探しにやってきたんだ。